News

ニュース情報

新闻资讯

뉴스

ソラ・ベンチャーズのブロックチェーン投資哲学

最近、私は仮想通貨業界に対する考えに限らず、ソラ・ベンチャーズ(Sora Ventures)の我々がどのような新しく独特なアプローチをとっているかについて、多くの仮想通貨界の投資家に話しかけてきました。多くの人たちが私の洞察を魅力的に感じ、それを皆様に知らせる機会を設けるように勧めました。私がこれまでに経験し学んできたことについて、思考を書き留めるには時間がかかりました。いくつかの審議の後、サンフランシスコから上海までの飛行機の中で、私のイデオロギーのいくつかを言葉として書き下ろすことにしました。

軽く自己紹介をさせてください。私はブロックチェーンと仮想通貨の投資に焦点を当てたアジアのベンチャーキャピタル会社であるソラ・ベンチャーズのマネージングパートナーです。以前は分布式資本(Fenbushi Capital)の初期の従業員の一人で、2017年に中国本土がICOを禁止したときにソラ・ベンチャーズを設立させました。このファンドの使命は簡単です、ブロックチェーン技術を使用して世界にプラスの変化をもたらす起業家に投資することであります。

この記事では、私が業界で目にした現在の問題と、従来のビジネスにおけるブロックチェーンの採用を達成するために、ソラ・ベンチャーズが実行している戦略について説明するものです。

スケーラビリティと汎用性のあるプロトコルが重要であるが、今の第1層の投資家はそこにしか注目していません。これは大規模な運用受託資産(AUM)を持つ第1層の投資家が、弱気な市場でも10倍以上の収益を確保できるような一般的な傾向となっています。プロトコルやスケーラビリティのプロジェクトは大きく語ることの出来るストーリーになるため、複数回の資金調達を通じて異常な評価をして多くの資金を調達することができます。製品、技術、トークンの使用例は第1回と第2回の資金調達ラウンドのみで重要です。その後、「チャンス逃すことへの不安(Fear of Missing Out, FOMO)」により、第1段階の資金投資ルートに従う投資家たちが出現するので、資金調達は後のラウンドのほうが比較的に簡単です。これは基本的に数字のゲームです。コインが第二次市場での使用によってリストアップされる前に、ベンチャーキャピタル(VC)が手を引いていく例を見てきました。とにかく、これらのプロジェクトは約束したチェックポイント/マイルストーンを提供できない頃には、初期の投資家は既にそのポジションを離れています。

これらのスケーラビリティとプロトコルのプロジェクトの多くが資金調達を複数ラウンドで持つもう一つの理由は、トークンの使用例の大部分が開発者に大きく依存しているためです。しかし、現在の我々の業界では、開発者へのインセンティブ付与は非常に高価なものになり、多くのプロジェクトが自ら経験している教訓になっていますそれにもかかわらず、ソラ・ベンチャーズは、第2の高価なラウンドに入ることができる限り、スケーラビリティプロジェクトへの小規模な投資を行います。 第1または第2ラウンドに入れない場合(公表されないラウンドも存在すると仮定する必要もあります)、お金を失う心構えが必要になってきます。

スケーラビリティとプロトコルの分野では多くの「チャンスを逃すことへの不安(FOMO)」と不合理な投資があることを理解している上で、ソラ・ベンチャーズは異なるアプローチで投資を行っています。 ソラ・ベンチャーズの主な投資は、アジアにおける逆ICOインキュベーションを通じた従来のビジネスにおけるブロックチェーンの採用に向けられています。 アジアの消費者がAlipayやWechat Payなどの新しい技術を試してみる傾向が強いため、我々はアジアに拠点を置く企業のインキュベーションに重点を置いています。

生み出するプロジェクトを選択する際の基本的な基準は次のとおりです:

1. リバースICO:株式会社が戦略としてトークンを開始することを意味します。

2. 株式会社の事業は、規制上の理由により、中国本土において禁止または非存在でなければならない。

3.アジアの仮想通貨市場では独占でなければならない。

(ボーナス:ビジネスの採用を確保するためには通常は知名度のあるチームやサポーター)

ソラ・ベンチャーズのインキュベートされたプロジェクトは常にハイブリッドモデルから始まり、ブロックチェーン技術構築にとって最も効率的な場であり続けているイーサリアムで技術の20%〜30%が構築を使用し、残りの部分は集中化されます。これは、既存のビジネスのユーザーが技術スタックの全体を変更することなく、ブロックチェーン技術を体験できるようにするため、最も実用的なアプローチです。

トークン統合の後、同じチームが業界パートナー向けの業界プロトコルを開発し、トークンの使用例をさらに強化します。このプロトコルは業界のリーダーから構成されているため、市場に採用される可能性は汎用プロトコルに比べてはるかに高いものです。ほとんどの汎用プロトコルの中核となる課題は、実際には性能や技術ではなく、むしろビジネスインテグレーションである。そのため、ソラ・ベンチャーズのアプローチこそがブロックチェーン採用に関しては安全なモデルとなる。

「すべての道はローマに通ず」という中国人のことわざがあります。 そこにある多くのファンドと同様に、私たちの最終目標は、現在および将来のすべてのプロジェクトのために次の「資金」または「資金調達チャネル」を創出することです。 我々の場合では、1つの業界から開始し、最初の使用例を中心に収益化効果を構築しています。

最初に取り組んだプロジェクトは、アジア最大手のソフトウェア・ストリーミング・プラットフォームであるM17の会長によって設立されたミスリル(Mithril、MITH、(www.mith.io)でした。目標は、(M17とMithrilによって共同管理されるLitに統合されている)Mithrilのソーシャル・マイニングのコンセプトをすべてのソーシャルネットワークに組み込んで、コンテンツの作成とビジネス効率を高めることです。 Litは消費者、そしてソーシャルネットワークを活用してブランド認知度を高めている企業の、コストを節減するモデルであることを証明しました。

ソラ・ベンチャーズ第2のプロジェクトは、スキルベースのカジノゲームでアジアのマーケットシェアの99%を所有するアジアの主要カジノゲーム・ディストリビューターであるTGG Interactiveのコアチームによって設立されたAlphaslot(www.alphaslot.io)です。彼らはマカオのカジノにスロットマシンとゲームキャビネットを販売するライセンスを所有する唯一の大中華圏の会社です。マカオ最大のカジノ3社に支えられて、Alphaslotはゲーム体験を向上させるためにそのトークンを統合し、さらに重要なことにAlphaslotのマシンをプレイする人々のためにより多くの勝利をもたらします。

ソラ・ベンチャーズがインキュベートしたプロジェクトやブロックチェーン投資の哲学についてもっと知りたい場合は、私のtwitter @Jason_SoraVCをフォローするか、Linkedinで私を見つけてください。